アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティングのコツはLF9を取り入れること!

コピーライティングに必要な要素

アフィリエイトで稼ぐためには、

コピーライティングが一番重要と言っても過言ではありません。

ブログでもメルマガでも文章で売ることになるので、

文章を作るコピーライティングが中途半端では成約率も下がります。

 

本記事ではコピーライティングで抑えるべき要素はいくつかありますが、

その中でも特に重要な要素であるLF9について解説します。

コピーライティングで乗り越えるべき3つのNots

あなたがアフィリエイトで商品を売るには、

コピーライティングで3つのNotsを乗り越えなければなりません。

その3つのNotsとは、

  • Not Read
  • Not Believe
  • Not Action

です。

人は読まないし信じないし行動しないということですね。

 

いくら読書が好きでもつまらない文章は読まないし、

得た情報をすぐに信じることはほとんどないし、

やるべきと思っても面倒で行動しないものです。

 

しかしこれらのNotsを突破しないと商品は買われません。

そしてこれらのNotsを突破するのに必要なのが興味性です。

 

興味性があれば読もうという感情が生まれます。

読んだうえで内容に興味があれば信じてみようと思います。

理想の未来が得られると信じればやってみようと思います。

 

つまり興味性が全ての出発点なのです。

そして興味性を刺激するのに必要なのがLF9です。

人間の欲求を刺激するLF9とは?

LF9とは人間がいつも考えている9つの欲求のことです。

大ヒット商品のほとんどはこのLF9を満たします。

それぐらい重要な要素なのです。

↓がLF9です。

コピーライティングに必要な要素

*出典:次世代起業家育成セミナー

これらの欲求は下から順に積み上がっていきます。

生理欲求は一番最初満たすべき欲求です。

生理欲求が十分でない間は、自己実現欲求や承認欲求など上位の欲求は求めません。

しかしある程度満たされれば、完璧でなくても上位の欲求が出てきます。

 

例えば食欲は生きるのに十分食べられれば、

美味しいものを食べるより愛されたいという人もいるでしょう。

原則下から満たされるが、ある程度のところで上位の欲求が現れると覚えておいてください。

生理欲求

生理欲求とは、生存欲求・食欲・性欲の生きるのに必須な3つの欲求です。

欲求 商品の例
生存欲 布団
食欲 コーラ、ハンバーガー
性欲 アダルト商品

生存欲は日本に居れば大体満たせるので、そこまで意識しないかもしれません。

 

食欲を満たす商品…つまり食べ物や飲み物はトップクラスの市場規模です。

スマホでコーラより大きな市場を獲得しようと思っても多分無理でしょう。

生きるのに必須だからこそ美味しさや栄養価など様々な需要があります。

 

同じ理由で性欲に関する商品もなくなることはなさそうだとわかると思います。

手軽に扱える欲求ではないですが、上手く使えば強い興味性があることもわかると思います。

ネットビジネスでもたま~にこれを利用したプロダクトローンチとかありますね。

安全欲求

生理欲求がある程度満たされれば安全を求めるようになります。

睡眠と食事を確保されている状態なら、わざわざ狩りで肉を確保しようとは思わないでしょ?

 

安全欲求から上は左右わかれており、

左側は自ら得る能動的な欲求、右側は他人から得る受動的な欲求となっています。

危険回避は自分で安全を確保することですが、快適は基本手には自分は何もしません。

欲求 商品の例
危険回避 ガードマン
快適 クーラー、服

愛の欲求

愛の欲求は性欲とは違います。

アダルト商品で性欲は満たせますが誰かを守りたいという想いは満たせないですからね。

欲求 商品の例
愛する人を守りたい 筋トレ
愛されたい 美容関連、服、筋トレ

このあたりまで来ると商品によってどの欲求にフォーカスするか変わってきます。

例えば筋トレなら恋人を守るための力にフォーカスすれば、愛する人を守りたい人がターゲットになります。

しかし、魅力的な筋肉でアピールすることにフォーカスすれば愛されたい人がターゲットになります。

 

さらに服は運動の時に動きやすい服だと快適を求める人がターゲットになります。

可愛い服だと愛されたい人がターゲットになります。

同じ可愛い服でも自己実現したい人をターゲットにした商品もあるかもしれません。

このように商品ごとにどの欲求にフォーカスするか考えることで売れる商品を作ることができます。

承認欲求

承認欲求はある程度他の欲求が満たされると現れる欲求です。

どちらもなくても生きていけますからね。

とはいえ日本人ならある程度の欲求は満たされているのでココにフォーカスした商品も普通に売れます

欲求 商品の例
他人に勝つ スポーツが上手くなる方法
社会に認められる 出世する方法

どちらも商品で直接得られるわけではないので、

その状態になるためのノウハウ等が商品化されることが多いです。

他人に勝つことも社会に認められることも本人が何かしない限りその状態になることはありえないですからね。

LF9を活かす方法

LF9をどうやってアフィリエイトで活かすかについて解説します。

商品を売るためには3つのNotsを乗り越えなければならず、

そのために必要なのは興味性であることを説明しました。

 

レターやLPに簡単に興味性を含める方法がLF9を用いることです。

LF9は人間の欲求なのでこれが含まれているレターやLPは自然と興味性が出てきます。

 

例えば本ブログでは↓のバナーを使っています。

メルマガ自動化計画

青字にしている自動的に~の部分は快適にフォーカスしています。

自動的にということは働かずに稼げるのか?という感じで多くの人が興味を持つと思います。

 

もしかしたらこのバナー怪しくね?と思った人もいるかもしれません。

実はLF9を用いるとそのレターやLPは怪しくなります

 

しかしちょっと怪しいものでないと人は興味を抱きません。

嘘っぽいけど本当だったらいいなと思うことはだいたい興味を引くと思います。

 

ステップメールなどで怪しさの払拭も必要になりますが、

まずは興味を持ってもらわなければ話になりません。

 

LF9を含んだ文章で興味を惹きつけることがアフィリエイトで稼ぐ第一歩なのです。

 

LF9と同じぐらい説得の価値観9も重要なので↓も確認してください。

メルマガの成約率を高めるためのステップメールの書き方

2018.09.04

次世代起業家育成セミナー

このブログが「役に立った!」と思ったらクリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

CAPTCHA