カテゴリの分類を的確に行うことでブログのSEO自然と強化する方法

カテゴリの分類方法

カテゴリの分類はなんとなくやっている人も多いかもしれませんが、

適切に設定することでSEOがかなり強化されます。

 

カテゴリは一度分類すれば、滅多に変えることはないので、

更新していくだけで自然とSEOに強いブログになっていきます。

 

ブログ開始時に一度設定するだけでいいので、早い段階で設定しておきましょう。

カテゴリと階層構造の関係

WordPressのブログの場合、カテゴリを細かく設定することができます。

しかし、SEOの関係からそこまで複雑な構造にするのはおすすめできません。

↓のようなシンプルなものにするのが一番です。

カテゴリの分類方法

カテゴリは階層構造にせず、各記事はひとつのカテゴリに所属するようにします。

このようにすることで、トップページからほぼ全ての記事に2クリックで移動することができます。

SEO的にもユーザビリティ的にも少ないクリック数で各記事に移動できることが重要です。

サイトマップも合わせれば、ブログの構成はほぼ完璧のものになります。

 

とはいえ、ブログの記事の種類が豊富な場合カテゴリを1階層にまとめるのは大変だと思います。

それを解消する方法は↓です。

カテゴリの分類を細かくする方法

・カテゴリを2階層にする(記事が多いなら)

・タグを利用する

カテゴリを2階層にする

カテゴリは原則1階層にした方がSEO的に強くなります。

しかし、ユーザビリティを考えると2階層までなら増やした方がいい場合があります。

 

それは1カテゴリの記事数が多い場合です。

カテゴリに分かれていても記事が多い場合は探すのも大変になってくるので、

その場合はさらに細かくした方がいい場合もあります。

あまり細かいと結局わかりにくくなるので、2階層が限度ですが。

 

SEO以上に重視すべきはユーザー満足なので、

1階層では見づらいかつ2階層で見やすくなるのであれば、

カテゴリを増やすことを検討すべきです。

 

自分が管理しやすいからという理由ではダメですよ。

タグを利用する

タグは記事を分類するという意味ではカテゴリと似ていますが、

階層構造を持たないという点で大きく違います。

 

単純にカテゴリに設定していない要素をサブカテゴリ的な立ち位置で設定してもいいですが、

カテゴリを跨ぐ要素を設定するのもありです。

 

例えばこのブログだと集客というタグは、

ブログとメルマガのカテゴリで設定される可能性があります。

どちらのカテゴリの集客でも集客を知りたい人が役に立つので、

そういう分け方もありです。

 

タグはカテゴリより自由度が高いので上手く活かしましょう。

カテゴリの分類方法

では、実際にどのようにカテゴリを分類すればいいのでしょうか?

 

まずトップページではビッグキーワードを設定します。

このブログだと副業ですね。

 

そしてカテゴリにはトップページで決めたキーワードに関連するキーワードをカテゴリに設定します。

このブログだとブログやメルマガがそれに当たりますが、

これをキーワードに当てはめると

・副業 ブログ

・副業 メルマガ

となるわけです。

 

このようにカテゴリを分類することで、

トップページやカテゴリのページでも検索エンジンに認識されるようになるので、

SEOが強化されます。

 

しかし、キーワードのみを考慮すると上手くカテゴリを分類できないと思います。

プロフィール記事などキーワードに分類できない記事もそれないりにあります。

未分類を使うのはSEO的に好ましくなく、ユーザー的にも何の記事があるのかわかりません。

 

なので必要があればキーワードを考慮していないカテゴリも用意しましょう

 

カテゴリを分類した後は、カテゴリを1つ設定して記事を書くだけです。

ただ書いていくだけで自然とSEOとユーザビリティに適したブログ構成となっていくので、

カテゴリの分類は最初にやっておきましょう。

まとめ

ブログで意外と軽視しがちなカテゴリの分類について解説しました。

カテゴリの分類は、

・トップページから続くキーワードになること

・原則1階層にすること

の2つを守るだけでも自然と良い構成になります。

 

簡単なわりに効果が高いので、今まで気にしてなかった人は見直して見てください。

 

SEO対策をする時は↓にも注意してください。

SEO対策で重要なのは文字数や記事数ではなくゴミ記事を書かないことだ!

2018.06.27

このブログが「役に立った!」と思ったらクリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

CAPTCHA